株式会社アイネックスはソフトウェアの開発、データ復旧サービス、ホームページの作成ツール企業です。

横浜、東京に拠点を置き、検証システム/金融・証券のシステム等の構築、開発を行い、
    データ復旧サービス、ホームページの作成ツール支援と多岐にわたるソリューションを提供します。

jQuery

10-01) 1.スマホ向けフレームワーク(jQuery Mobile)

jQuery Mobileはスマホ向けのフレームワークです。
スマホのWeb画面の作成は多種多様なOS、画面サイズがあり、タブレット端末等色々な種類があり、
フレームワークを活用することで、デバイスの違いを気にすることなく、スマホサイトの作成が
できます。

HTML5で操作する WebページはHTML5で記述します。
DOCTYPE宣言を以下のようになります。
<!DOCTYPE html    

10-01) 2.jQuery Mobileライブラリーの指定

jQuery Mobileのライブラリーを指定する。
jQueryサイトからダウンロードしてから使用する。
 1.jQuery Mobileスタイルシート(css)ファイル
 2.jQueryスクリプトファイル
 3.jQuery Mobileスクリプトファイル

ライブラリーを
ダウンロードして
ファイル名を指定する
<link href="../mobile_css/jquery.mobile-1.1.0.min.css"
          rel="stylesheet" title="CSS" type="text/css" />
<script type="text/javascript" src="../js/jquery-1.7.1.min.js"></script>
<script type="text/javascript"
         src="../js/jquery.mobile-1.1.0.min.js"></script>


10-01) 3.jQuery Mobileソース

 

表示ページの考え方
スマホの画面はdata-role属性でページ全体を宣言( data-role="page")し、
内部にヘッダー領域の宣言( data-role="header")、
コンテンツ領域の宣言( data-role="content")
フッター領域の宣言( data-role="footer")を行います。

複数ページを管理する場合は個別のページも同様に宣言する。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
<head>
<meta content="text/html; charset=utf-8" http-equiv="Content-Type" />
<meta content="width=device-width, initial-scale=1,minimum-scale=1, maximum-scale=1" name="viewport" />
<title>スマホサイト-アイネックス | スマホ勉強室 jQuery Mobile 11-01 | 株式会社アイネックス | Webシステム構築 | AS400ソリューション | データ復旧サービス |ホームページ作成</title>

<link href="../mobile_css/jquery.mobile-1.1.0.min.css" rel="stylesheet" title="CSS" type="text/css" />
<script type="text/javascript" src="../js/jquery-1.7.1.min.js"></script>
<script type="text/javascript" src="../js/jquery.mobile-1.1.0.min.js"></script>
</head>
<body>
<!-------------------------------------------------->
<!-- ページ全体の宣言 data-role="page" -->
<!-------------------------------------------------->

<div id="index" data-role="page" data-theme="b">
<!-------------------------------------------------->
<!-- ヘッダー領域の宣言 data-role="header" -->
<!-------------------------------------------------->

<div data-role="header" data-theme="b">
<a href="../mobile1/menu2.html" data-icon="arrow-l" >メニュー</a>
<h1>株式会社アイネックス</h1>
</div>
<!-------------------------------------------------->
<!-- コンテンツ領域の宣言 data-role="content" -->
<!-------------------------------------------------->

<div data-role="content">
<ul data-inset="true" data-role="listview" data-theme="c">
<li data-role="list-divider">10-01 スマホサイト</li>
<li><a href="#page">
</a><h3><a href="#page1">株式会社アイネックス 会社案内</a></h3><a href="#page1">
</a><p><a href="#page1">株式会社アイネックスの特徴について解説します</a></p><a href="#page1">
</a></li>
<li><a href="#page2">
</a><h3><a href="#page2">株式会社アイネックスの概要</a></h3><a href="#page2">
</a><p><a href="#page2">株式会社アイネックスの概要について解説します</a></p><a href="#page2">
</a></li>
<li><a href="#page3">
</a><h3><a href="#page3">株式会社アイネックスの理念</a></h3><a href="#page3">
</a><p><a href="#page3">株式会社アイネックスの理念について解説します</a></p><a href="#page3">
</a></li>
</ul>
</div>
<!-------------------------------------------------->
<!-- フッター領域の宣言 data-role="footer" -->
<!-------------------------------------------------->

<div data-role="footer" data-theme="b">
<h4><small>Copyright &copy; 2012 inex.co,Ltd All Rights Reserved.</small></h4>
</div>
</div>
<!-------------------------------------------------->
<!-- 会社案内ページの宣言 data-role="page" -->
<!-------------------------------------------------->

<div id="page1" data-role="page" data-theme="b">
<div data-role="header" data-theme="b">
<a data-direction="reverse" data-icon="arrow-l" href="#index">TOP</a>
<h1>株式会社アイネックス</h1>
</div>
<div data-role="content">
<h2>会社案内</h2>
<p> 1.検証システムの開発<br/>
2.AS400システムの開発<br/>
3.金融システムの開発<br/>
4.ORACLEシステムの開発<br/>
5.ホームページの作成<br/>
</p>
</div>
<div data-role="footer" data-theme="b">
<h4><small>Copyright &copy; 2012 inex.co,Ltd All Rights Reserved.</small></h4>
</div>
</div>
<!-------------------------------------------------->
<!-- 概要ページの宣言 data-role="page" -->
<!-------------------------------------------------->

<div id="page2" data-role="page" data-theme="b">
<div data-role="header" data-theme="b">
<a data-direction="reverse" data-icon="arrow-l" href="#index">TOP</a>
<h1>株式会社アイネックス</h1>
</div>
<div data-role="content">
<h2>概要</h2>
<p> 1.検証システムの開発<br/>
2.AS400システムの開発<br/>
3.金融システムの開発<br/>
4.ORACLEシステムの開発<br/>
5.ホームページの作成<br/>
</p>
</div>
<div data-role="footer" data-theme="b">
<h4><small>Copyright &copy; 2012 inex.co,Ltd All Rights Reserved.</small></h4>
</div>
</div>
<!-------------------------------------------------->
<!-- 理念ページの宣言 data-role="page" -->
<!-------------------------------------------------->

<div id="page3" data-role="page" data-theme="b">
<div data-role="header" data-theme="b">
<a data-direction="reverse" data-icon="arrow-l" href="#index">TOP</a>
<h1>株式会社アイネックス</h1>
</div>
<div data-role="content">
<h2>理念</h2>
<p> 1.検証システムの開発<br/>
2.AS400システムの開発<br/>
3.金融システムの開発<br/>
4.ORACLEシステムの開発<br/>
5.ホームページの作成<br/>
</p>
</div>
<div data-role="footer" data-theme="b">
<h4><small>Copyright &copy; 2012 inex.co,Ltd All Rights Reserved.</small></h4>
</div>
</div>
</body>
</html>

10-01) 4.スマホ端末で表示する

スマホ端末動作確認